ようこそ!様


第0回へのご登録ありがとうございます!
配信当日(11月16日)にご登録いただいたアドレスに配信URLをご案内します

受講者向け情報

2021/04/21 12:58
第4回:「マトリクスの超越」アーカイブのご案内

第4回のアーカイブ動画の配信が整いました。ココをクリックしてください。

2021/04/19 19:00
第4回:「マトリクスの超越」Going Beyond the Matrix開催の案内
4/19 19:00から開催の第4回参加URLは以下になります:

Zoomミーティングに参加する
ミーティングID: 892 3944 3443
パスコード: 776381
※スタートの19時より数分前に参加URLをクリックしてお待ちください。
それでは、講座でお会いできるのを楽しみにしております。

インテグラルシンキングのFacebookグループを作成いたしました。実践における皆さまの課題や悩みを共有したり、交流の場としてご利用いただけると幸いです。こちらも奮ってご参加ください:
2021/04/14 12:10
第3回:「対局性の管理」アーカイブのご案内

第3回のアーカイブ動画の配信が整いました。ココをクリックしてください。

2021/04/07 10:14
第2回:「全象限思考」アーカイブのご案内

第2回のアーカイブ動画の配信が整いました。ココをクリックしてください。

※このセクションの情報は受講者にしか表示されません

インテグラル・シンキング
Liveとアーカイブどちらでも受講可能

意識の訓練なしに、思考力の発達はない
最高の思考法 ― それは、人間が生まれながらに持っている認知能力を意識的に活用すること。
  • 講師: 鈴木規夫

  • 難易度: 中級
  • 初回: 3月22日 19:00
けいちゃんは今作っている最高の動画
3月22日19:00〜 第0回:「Red or Blue - マトリックス脱出への招待」は無料配信いたします。
生配信をご希望の方は以下の事前登録フォームからお申し込みください。
ご登録
ありがとうございました!
メディアやSNSのアルゴリズムによって、気づかぬうちに視野が狭まってしまう現代。視野狭窄を認識できないまま過ごしてしまうと、不要な対立関係や分断が生まれてしまいます。

そこでますます重要になるのは、単に情報を効率的に整理・吸収できる技術を鍛えることではなく、思考を司る意識そのものの鍛錬を含んだ思考法を身につけることです。自らの思考活動や視点をメタ認知し、それらを批判的に探求していくことによって、思考力の器となる意識自体を進化・深化させることができるのです。

今回はそのようなインテグラル・シンキング(統合的思考)を実践するための5つのフレームワークを学び、思考の限界と束縛を突破する術を身につけていきます。
  • 合計視聴時間: 6時間
  • 形式: オンライン配信、アーカイブ

第0回へのご登録ありがとうございます!
配信当日(11月16日)にご登録いただいたアドレスに配信URLをご案内します

二つの選択肢

インテグラル・セット

Write your awesome label here.
Write your awesome label here.

内容

  • インテグラル・シンキング(¥15,000 相当)
  • 第2回、第4回の後の放課後セッションへの参加権
  • インテグラル・ライフ・プラクティス (¥10,000相当)
  • インテグラル・コミュニティへのアクセス
  • いつでも見れるに再編集したアーカイブへの生涯アクセス
 (hidden) 2021年3月28日(日)23:55 まで早割販売中

インテグラル・シンキング

Write your awesome label here.
インテグラル・ライフ・プラクティスのご購入の方へ

インテグラル・ライフ・プラクティスをご購入の方には本講座を割引価格で提供いたします。ログインすると、決済時にご利用できるクーポンが表示されます。
インテグラル・ライフ・プラクティスのご購入の方へ

本講座の割引価格からさらに¥3,000割引でお求めできます。
決済時に「THINKING_ILP」のクーポンをご利用ください。

※ クーポンを適応せずにご購入された方にはどの講座にも使える¥3,000のクーポンをお渡しします。

内容

  • インテグラル・シンキング(全5回)講座
  • 第2回、第4回の後の放課後セッションへの参加権
  • インテグラル・コミュニティへのアクセス
  • いつでも見れるに再編集したアーカイブへの生涯アクセス
 (hidden) 2021年3月28日(日)23:55 まで早割販売中

意識の訓練なしに、思考力の発達はない

感染防御 vs 経済復興、衛生への配慮 vs 環境への配慮、ワークライフバランス… 社会がますます複雑性を増しているにもかかわらず、わたしたちは、メディアやSNSのアルゴリズムによって、本来あるはずの多様な視点を一つのレンズに押込められがちであり、そのことにすら気づけないことで、不要な分断や対立関係が生まれてしまいがちです。

これらの相反する視点や対立関係を和解し、より高度な次元で解決するには、単に情報を効率的に整理・吸収できる技術を鍛えるのではなく、思考を司る意識そのものの鍛錬を含んだ思考法の実践に取り組んでいく必要があるのです。

具体的には以下5つのフレームワークを実践し、統合的思考力を鍛えていきます:

  1. 発達志向型思考(Developmental Thinking)
  2. 複眼的思考(Multi-Perspectival Thinking)
  3. 全象限思考(All-Quadrant Thinking)
  4. 対局性の管理(Polarity Management)
  5. マトリクスの超越(Going Beyond the Matrix)

そして、本講座「インテグラル・シンキング」では、意識研究のアインシュタインと言われるケン・ウィルバー氏に直接師事され、CIIS博士課程を修了したインテグラル・ジャパン代表の鈴木規夫さんをお迎えし、この世界と人生を歪みなく把握するための最高の思考法を学んでいきます。

インテグラル・シンキングとは?

インテグラル・シンキング(統合的思考)とは、複雑化する世界で私たちが日々直面する課題において、対立する複数の視点や立場を通して分析し、より本質的な最適解を導き出すメタスキルのことを指します。

新型コロナウイルスを受け、私たちはさまざまな事象が対立しつつも共存を求められる二項対立を、適切かつ健全な形で扱う能力が求められています。

意見が異なる複数のステークホルダーをインクルーシブに考慮し、どちらの立場にも共感的で納得のいく提案をするのには、物事を統合的・包括的に捉えるフレームワークが不可欠です。つまり、二項対立を本質的に解決するためには、自らが使うレンズ(視点)の解像度を上げつつも、それに囚われずに機敏かつ柔軟にレンズを変えていく必要があるのです。

インテグラル・シンキングは、まさにそれを行う最高のフレームワークを提供します。そして、それは私たち人間に本来備わっている認知能力を、意識的に呼び覚ますことでもあるのです。

講師の紹介

鈴木 規夫 NORIO SUZUKI

California Institute of Integral Studies(CIIS)で博士課程を修了(Ph.D. Humanities with a concentration in East-West Psychology)。日本に帰国後、アメリカの現代思想家ケン・ウィルバーのインテグラル思想の普及のための活動を展開している。
主な著書・訳書に『INTEGRAL LIFE PRACTICE』(日本能率協会マネジメントセンター)、『入門 インテグラル理論』(日本能率協会マネジメントセンター)、『インテグラル理論入門』(I & II)(春秋社)、『インテグラル・シンキング』(コスモス・ライブラリー)等がある。
Patrick Jones - Course author

この講座で学ぶこと・得られること

メタ思考力が上がる

自らの思考について思考することを通し、バイアスや視野狭窄に陥ることが減ります。

対立関係が減る

あらゆる視点や立場を考慮する意識が身につき、結果として人と対立することが減ります。

発想力が上がる

あらゆる領域を越境した世界観から物事を考えられるようになり、既成概念に囚われない発想ができるようになります。

講座の内容

第0回「Red or Blue? - マトリックス脱出への招待」(無料)

2021年3月22日(月) 19:00〜
ILP(Integral Life Practice)――これは、ケン・ウィルバーが提唱する人間の統合的な治癒と成長のための方法論である。

第0回では、ILPの概要を紹介したうえで、その中でのMind Moduleの重要性について紹介する。

Mindとは、日本語の「心」という言葉が示すように思考と感情を包含するものであり、われわれが自己と他者の治癒や成長に携わる際に「司令塔」としての役割を果たしてくれる重要な「器官」である。

人間の治癒や成長とは本質的に非常に複雑なプロセスであり、そこに生じる課題や問題に対処するためには、それを勘案した洗練された思考力を鍛錬している必要がある。そして、「インテグラルな意識」とは、正にそうした思考力を発揮する意識であるといえるだろう。

ただし、そうした意識は一朝一夕に獲得できるものではなく、長期的な訓練や実践にとりくむ中で徐々に段階的に獲得されるものでもある。また、インテグラルな意識は、成人発達理論を参考にすると、いくつかの発達段階により形成されているともいわれている。われわれはインテグラルな意識の本質をより正確に理解することを通して、そうした意識を獲得するための道標を見出すことができるのである。

第0回では、『もののけ姫』と『マトリックス』等の一般的にひろく映画を参考にしながら、このインテグラルな意識に関する洞察を深めていきたい。
ご登録
ありがとうございました!
第0回:「Red or Blue - マトリックス脱出への招待」は無料配信いたします。生配信をご希望の方は左側の事前登録フォームからお申し込みください。

第1回「複眼的思考」Multi-Perspectival Thinking

2020年3月29日(月)19:00〜20:15
「インテグラル・シンキング」を習得するためには、先ずみずからの思考活動を対象化することが必要となる。つまり、思考について思考できるようになる必要があるのである。

思考とは、常にある文脈を前提として営まれている活動である。例えば、われわれが日常生活の中で課題や問題を解決するためにあれこれと思考をするとき、そうした活動に意味をあたえてくれている特定の状況や制度、あるいは、価値観や世界観が前提とされているものである。それらはわれわれに思考生活を営むことを可能としてくれると同時にその枠組の中にわれわれの意識を閉じ込めてしまうことになるのである。

インテグラル・シンキングとは、そうした見えない「檻」の束縛から意識を解き放つための思考であるといえる。
こうした能力を獲得するために最も有効となるのが、異質な他者と出逢うことである。即ち、異なる感性や思想、あるいは、価値観や世界観を有する他者と出逢い、それまでに自己を支えてくれた諸々の「前提」を揺さぶるのである。

「後慣習的段階」はしばしば「実存的段階」と形容されるが、「後慣習的段階」の思考である「インテグラル・シンキング」を体得するためには、そうした実存的な揺らぎを自己の内に生み出すための実践が必要となるのである。その意味では、そこでは、単なる「思考力」を鍛錬することだけでなく、思考活動を営んでいる主体そのものの変化や変容を視野に容れた実践が求められることになるのである。

第1回では、そうした実践の中でも最も効果的な実践といわれる「複眼的思考」(Multi-Perspectival Thinking)について紹介する。

第2回「全象限思考」All-Quadrant Thinking

2020年4月5日(月)19:00〜20:15 
第2回では、インテグラル・シンキングを特徴づけるもうひとつ思考法である全象限思考(All-Quadrant Thinking)について探求する。

こうした思考法を実践するために、インテグラル理論では、独自の四象限(Four Quadrants)を示しているが、これは、現実を異なる複数の角度(アングル)から眺めることを通して、ある特定のレンズを通してあきらかにされる「眺め」に囚われないようにするための道具といえる。

また、これは、「思考」という個人の自律した意志にもとづいて営まれているはずの活動が、実際には、その人をとりまく様々な文化的・社会的な条件の影響の下で営まれていることを明らかにするものでもある。

「後慣習的段階」の思考とは、こうした本質的な不自由さを自覚したうえで、そうした条件の下で自らの精神の自由を開拓していく行為であるといえる。即ち、それまでに自己を呪縛していた「わたしは自由に思考することができている」という幻想から醒めて、あらためて自らが不自由であることを踏まえて、自己の思考と精神を錬磨していくのである。

第2回では、こうした問題意識にもとづいて、インテグラル理論の四象限を活用しながら、そうした思考力を獲得するための有効な技法である「全象限思考」(All-Quadrant Thinking)について紹介する。

第3回「対局性の管理」Polarity Management

2020年4月12日(月)19:00〜20:15
後慣習的段階の思考とは、「見る」という行為が半ば不可避的に「隠す」行為であることを自覚する思考であるといえる。即ち、人間は、ある特定のレンズを通して現実を眺めることを通して、そのレンズが開示してくれる独自の光景を見ることはできるが、同時にそれ以外の光景を排除してしまうことになるのである。

例えば、顕微鏡を覗きこむとき、われわれは常にあるひとつのレンズを通して対象を眺めることになる。それを利用することにより、少なくともその瞬間には、他の倍率のレンズを通して眺めることはできなくなるのである。その意味では、われわれは常に「見る」という行為が、「隠す」行為でもあることを自覚している必要がある。

「後慣習的段階」の思考である「インテグラル・シンキング」とは、この「見る」という行為が内在させるパラドクスを踏まえて、意図的に隠蔽される現実の側面に意識の光を当てようとする思考法であるといえる。換言すれば、人間の認識行為が必ず現実を無意識化するものであることを踏まえて、現実をより包括的に認識することができるように配慮をするのである。

第3回では、こうした問題意識にもとづいて、インテグラル・シンキングの重要な思考法のひとつである「対局性の管理」(Polarity Management)について紹介する。

第4回「マトリクスの超越」Going Beyond the Matrix

2020年4月19日(月)19:00〜20:15
「インテグラル段階」といわれる発達段階の中で最も高次の段階である後期Vision Logic段階(Turquoise)は、しばしば、世界という「マトリクス」を超越する発達段階として紹介される。即ち、目の前にひろがる時代や社会の中で無数のドラマを生み出している構造――あるいは、それらのドラマが演じられている舞台――そのものに目を向けて、それがいかなるものであるのかということについて批判的に探求していくのである。

思想家のケン・ウィルバーは、この発達段階について紹介するときに、しばしば映画『マトリクス』を牽きながら紹介するが、この作品の中に端的に示されているように、この発達段階は、その時代や社会の中に生きる人々を集合的に呪縛している構造そのものに意識の光を向けて、その変革や改革にとりくもうとする

いうまでもなく、この発達段階は未だ極少数の人が到達する段階であり、それは人間の可能性として存在しているものに過ぎないといえるだろう。その意味では、この発達段階の可能性を開発するための具体的な実践を開発していくことが必要になる。

第4回は、後期Vision Logic段階(Turquoise)の概要を紹介すると共に、これまでの調査・研究にもとづいて、この発達段階に関して示唆されているポイントを確認しながら、その可能性を探求するための具体的な実践を紹介する。

受講の流れ

本講座は3月22日からスタートし、全5回にわたり、インテグラルな思考法を学んでいきます。
各回はオンラインの講義として行われますが、開催後にアーカイブ動画をご視聴いただけるようになりますので、ご安心ください。

本講座第1回までに、以下の課題図書のいずれか一冊完読したうえで講座にお臨みいただけますと、一番効果的に学ぶことができます。

開催日程

第0回:3/22 (月) 19:00〜20:15 (75分)

第1回:3/29 (月) 19:00〜20:15分 (75分)

第2回:4/5 (月) 
- 19:00〜20:15 (75分) - 本編 
- 20:15〜20:45 (30分) - 放課後セッション

第3回:4/12 (月) 19:00〜20:15 (75分)

第4回:4/19 (月)  
- 19:00〜20:15 (75分) - 本編 
- 20:15〜21:15 (60分) - 統合セッション

講座フォーマット

本編 (各回 合計75分)
時間配分(目安)
- [50分] 講義
- [15分] 実践
- [10分] Q&A 

放課後セッション(30分)
第二回の後は参加者同士の交流を深めるセッションを行います。

統合セッション(60分)
最終回の後は学んだことが腹落ちし、日常に活かしやすくするための統合セッションを行います。学んだことを振り返えり、参加者同士で話し合いをして学びを深めていきます。

※放課後セッションと統合セッションは、ヒューマンポテンシャルラボのメンバーがファシリテーションを行います。講師は登壇しません。

開催場所

各回は開催日にZoomの参加リンクを送信します。
開催日から3営業日以内にアーカイブ動画が本プラットフォームにて視聴可能になります。
(hidden) 3月22日19:00〜 第0回:「Red or Blue - マトリックス脱出への招待」は無料配信いたします。
生配信をご希望の方は以下の事前登録フォームからお申し込みください。
ご登録
ありがとうございました!

二つの選択肢

インテグラル・セット

Write your awesome label here.
Write your awesome label here.

内容

  • インテグラル・シンキング(¥15,000 相当)
  • 第2回、第4回の後の放課後セッションへの参加権
  • インテグラル・ライフ・プラクティス (¥10,000相当)
  • インテグラル・コミュニティへのアクセス
  • いつでも見れるに再編集したアーカイブへの生涯アクセス
 (hidden) 2021年3月28日(日)23:55 まで早割販売中

インテグラル・シンキング

Write your awesome label here.
インテグラル・ライフ・プラクティスのご購入の方へ

インテグラル・ライフ・プラクティスをご購入の方には本講座を割引価格で提供いたします。ログインすると、決済時にご利用できるクーポンが表示されます。
インテグラル・ライフ・プラクティスのご購入の方へ

本講座の割引価格からさらに¥3,000割引でお求めできます。
決済時に「THINKING_ILP」のクーポンをご利用ください。

※ クーポンを適応せずにご購入された方にはどの講座にも使える¥3,000のクーポンをお渡しします。

内容

  • インテグラル・シンキング(全5回)講座
  • 第2回、第4回の後の放課後セッションへの参加権
  • インテグラル・コミュニティへのアクセス
  • いつでも見れるに再編集したアーカイブへの生涯アクセス
 (hidden) 2021年3月28日(日)23:55 まで早割販売中

インテグラル・マインドの講座に関するFAQ

本講座を受ける前にインテグラル・ライフ・プラクティスは事前に受講する必要ありますか?

インテグラル・シンキング、インテグラル・ライフ・プラクティスはどちらの順番でも受講できます。ただし、本講座の前にインテグラル理論に関して基礎知識があると、学習がよりスムーズになります。

講座一般に関するFAQ

開催日を過ぎていますが、今からでも参加できますか?

はい、開催後でも本プラットフォーム上で編集したアーカイブ動画をご覧いただけます。
アーカイブ動画は、オンラインでの参加が難しい時、また復習素材としてご活用いただいております。

開催日程の中には参加できない日がありますが・・・

問題ございません。ライブ開催の後3営業日以内に、こちらのプラットフォームに編集した本講座の動画を掲出しますので、いつでも気軽にご覧いただけます。

他の質問があります。

気付き、不明点などは気軽にsupport@h-potential.orgにご連絡ください!