肚(ハラ)中心の生活を送るために、肚を育む実践プログラム

  • 講師:  贄川 治樹
  • 難易度: 初級〜中級
  • 初回: オンデマンド
Write your awesome label here.
「ガットライフ」 ー それは、肚に意識を向け、肚を中心とした生活を営むこと。自己の命が望む人生を歩むために、肚(ハラ)とつながるプラクティスです。

「肚は善悪を超えている。」と、贄川さんは言います。頭は分別をする。常に分別で判断しています。「肚には、善悪や二元的なことを超えて全てを受け止めるだけの器がある。いい悪いを抜きにして、まず事実を受け止める。」それが、『肚が座っている』という表現の意味するところかもしれません。肚が座っていると、急に感情的にならずに、一度肚に収めて、より深いところでの決断をできることも可能となります。肚の可能性に気づき、肚とつながることで、自己の命が本当に望む方向へ導かれやすくなります。
  • 合計視聴時間: 12時間30分
  • 形式: オンライン開催イベントを再編集した講座

「ガット・ライフ」とは?

社会的な地位や会社における評価やキャリア、組織における役割責任、金銭的な自由の獲得など、外的価値を獲得することで自己実現しようと自己鍛錬し、高みを目指してきたけれど、どこか満たされない、腹の辺りに何か空虚感を覚える・・・といった感覚を味わったことはありませんか?
人間、特に日本人は、昔から、肚(ハラ)から根源的なメッセージを受け取り、判断し、行動し、人生を歩んできました。
しかし、西洋からの論理的思考や科学的な客観的視点という「近代的自我」を取り入れる中で、頭脳思考中心となり、エネルギーが身体の上方に偏り、元来日本人にとって大切であったミゾオチから下の身体知が忘れ去られつつあります。それは、自己が本当に望んでいる思いを掴むこと、つまり直感的な判断軸が揺らいでしまっているとも言えます。
そこで今回は、元ドラマーであり心理療法家で、豪雪地帯にて日本の伝統的な農的暮らしを歩みながら、肚(ハラ)とつながって生きる重要性を伝えている贄川治樹氏から、その叡智を伝授いただきます。
どっしりと腰を据えて、肚とつながり、自分の命が望む人生を歩み始めませんか?
社会で一生懸命に頑張られている皆さんに、特にご参加いただきたい内容です。ぜひご参加ください!