ようこそ!様


第0回へのご登録ありがとうございます!
配信当日(11月16日)にご登録いただいたアドレスに配信URLをご案内します

講座の内容

Coming Back to Life 〜生命への回帰〜

生命持続型社会への大転換のためのプラクティス
  • 講師: 齊藤由香

  • 難易度: 初級
  • 日時: オンデマンド
けいちゃんは今作っている最高の動画
「Coming Back to Life ~生命への回帰」の著者ジョアンナ・メイシーは、これまでの活動を通じて「産業成長型社会」から「生命持続型社会」への転換を導く知恵のワークとその存在感から、全世界で活躍する仲間たちに多大なる希望と影響力を届けてきました。

「個人の癒しと世界の癒しは同時に起こる」

ジョアンナに影響を受けた仲間達は、この言葉によって救われ、行動し続けています。

本講座では、ジョアンナの「つながりを取り戻すワーク」を通して、私達が世界の癒しに積極的に関わるための方法を体験的に学んでいきます。

環境問題や社会課題に対する行動のきっかけや勇気が欲しい方、あるいは世界の癒しを先行し、自分自身を癒せていないと感じている方にも、意識変容と社会変容を両立する唯一無二のこの講座をお勧めします。

  • 合計視聴時間:  8時間
  • 形式: オンライン開催イベントを再編集した講座

第0回へのご登録ありがとうございます!
配信当日(11月16日)にご登録いただいたアドレスに配信URLをご案内します

個人の癒しと世界の癒しは同時に起こる

2020年、世界を覆ったコロナウィルスは、私たちの世界の脆さや傷を、さまざまな形でこれまで以上に浮き彫りにしました。また、それ以前からすでに、気候変動による影響が、私たちの生活にその影を落としはじめています。

そうした中、「まずは個人の癒し。それから世界の問題」という思い込みが、社会の中でじんわりとその影響力を広げているようにも見えます。
問題の規模が大きければ大きいほど、この思い込みは強化されてゆきます。

でも、本当にそうでしょうか?

ジョアンナ・メイシーはこう言います。
「個人の癒しと、世界の癒しは同時に起こる」

私たち一人ひとりは、一人の完全な人間であると同時に、私たちの生きる世界 = 社会の一部でもあります。

その視点にたてば、個人が癒されることなく世界が癒されることが ないのはもちろんですが、同時に、世界の癒しに取り組むことなく、個人が完全に癒されることもありません。

人間の体でたとえるなら、どれか一つの臓器だけが健康でも、 心身全体の健康が考慮されていないなら、生命を維持できないのと同じことです。

この講座では、ジョアンナ・メイシーの「つながりを取り戻すワーク」を通して、私たちが世界の癒しに積極的に関わるための方法を体験的に学んでゆきます。

あまりに大きな世界の問題を前にして、立ちすくんだり、恐怖に絡めとられたり、互いに背を向け合ってしまわないですむように。そうではなく、この危機の時代を、自分や他者、自然や地球とのより深いつながりと思いやりを育くむ機会となすために。

世界の痛みに取り組むことを決めた時、私たちは一人ひとりが世界の癒しを担う癒し手となります。それぞれにユニークな癒しの手法、得意なやり方に気づくでしょう。

その時、私たち一人ひとりと世界の癒しが、同時に起こり始めるのです。

2021年05月 齊藤由香

講師

Meet Your Trainer

齊藤由香 Yuka SAITO

アクティビスト・翻訳家・ワークショップファシリテーター。
現在は日本およびアメリカで環境運動・女性のエンパワメントに積極的に関わるとともに、関連書籍および映像の日本語翻訳を行う。
2011年より米国の仏教哲学者・社会活動家であるジョアンナ・メイシーに師事し、2014年以降彼女が生んだ「つながりを取り戻すワーク」のワークショップを日本で開催。

社会や世界の痛みに対する気づきと行動をうながし、新しい世界観や価値観にもとづいたコミュニティ作りを目指している。
米国カリフォルニア州バークレー在住。翻訳書に『センサリーアウェアネス:つながりに目覚めるワーク』(ビイングネットプレス)、『カミング・バック・トゥ・ライフ:生命への回帰』(サンガ/日本能率協会)。

映像翻訳に『ジョアンナ・メイシー&グレート・ターニング』、『プラネタリー』、『ジャーニー・オブ・ザ・ユニバース(2021下半期公開予定)』がある。
また英語では『A Wild Love for the World』(Shambhala)、Deep Time Journal (2017.May)にエッセイが収載されている。
Patrick Jones - Course author

 ジョアンナ・メイシーについて

About Joanna Macy
1929年5月2日生まれ米国の仏教哲学者で社会活動家。
環境哲学者、活動家、仏教およびシステム理論学者。50 年にわたる市民権運動、グローバル・ジャスティス、エコロジー運動の活動において、国際的リーダーとして敬意を集める。本書に加え、自らの半生を綴った『Widening Circles: A Memoir(ワイドニング・サークル:回想録)』(未邦訳)、ライナー・マリア・リルケの詩集翻訳など、著作多数。また2 枚組のDVD『The Work That Reconnects』には、彼女がファシリテートするワークショップでのグループワークの様子が収録されている。自身の子どもたちや孫たちとともにカリフォルニア州バークレー在住。
Patrick Jones - Course author

「つながりを取り戻すワーク」とは

書籍の詳細はこちら
つながりを取り戻すワークの誕生には、仏教の教えに対するジョアンナの研鑽と実践、そしてシステム理論が大きな影響を与えています。ワークの狙いは、参加者が世界との新しい関係性を築き、大転換の一員となる力を養い、企業ルールによる支配から自らの人生を取り戻すことです。生を選ぶために向き合わねばならない現代の課題、私たちを止まらせるものの正体、宇宙がもつ自己組織力への理解といったものの上に、このワークの理論が構築されています。

プロデューサーのコメント

Producer's Comments.
平和活動家を母に持ち、僧侶の道からドロップアウトし起業した父との間に生まれた私は、全体性のある暮らしをつくる母と、システムの中で武装し続けねばならなかった父の対立を毎日目にして育ちました。まさに家庭が世界の分離の縮図でした。
野山を駆け巡る野生児だった私は、木の上から急スピードで変わっていくあたりの風景を見ながら、心の奥底に悲しみを押し込めていました。そのせいか、社会の仕組みや常識に常に疑問を持って生きてきました。

1世代後の今、新たなシステムや価値観が語られ、多分野での改革を目にできている私はラッキーだと思います。母の時代には理解者がほぼおらず、“宗教"活動というレッテルを貼られながらも、孤独に忍耐強く活動を続け、今も世界の子供達を救うことに情熱を傾けています。
そんな母がこのジョアンナのワークに出会っていたら、救われていたのではないかと感じます。
ジョアンナの「個人の癒しと世界の癒しは同時に起こる」という言葉は、多くの人を鼓舞し、救い、つなげてきました。

ジョアンナと共に活動した中野民夫さん (本講座のプレセッション・ゲスト) は、「集い合い、問い合う力」のパワーを指摘されます。そして、自分や世界の絶望にしっかりと向き合った時にもたらされる深いやすらぎと大きな勇気によって、また動き出すことができると話されます。
産業成長型社会下で、競争や個人主義の煽りと、人間を万物のトップに置く人間中心主義下にあり、 私たちは自分とのつながり、他者とのつながり、自然とのつながり、地球とのつながりを失ってきたのではないか、と指摘するジョアンナは、高みを目指すのではなく長く後世に続く「生命持続型社会」の大切さを訴え、つながりを取り戻すワークを広めています。

この講座を通じて、多様な専門知識や経験を持っている方々がつながり、共に明日への光を見出していけることを願います。

HPLプロデューサー 森口明子
Contents Producer

この講座で学ぶこと・得られること

What You'll Learn.

社会課題と自分自身への
理解が深まる

現代において向き合うべき社会課題を正確に理解し、「つながるワーク」という唯一無二の方法論を身につけます。それをもって、世界との新しい関係性を築き、固定観念の支配から自らの人生を取り戻します。

道徳的想像力が高まる

ジョアンナ・メイシーが開発した様々なプラクティスから、「自己の範囲を拡張することを通して、私たちは利己心の境界をはるか遠くにまで押し広げ、生きることの喜びと意味を深めてゆく(Coming Back to Life 第3章より)」の実践を行います。これらのプラクティスにおける講師と受講生の対話のなかで道徳的想像力が培われます。

自分や他者とつながることで想像を超える化学反応が生まれる

つながりを取り戻すワークによって、自分自身の中に元々あったビジョンを思い出し、イニシアチブを取る下地が整います。自分とつながった暁には、他者とも違う次元でつながれるようになり、得られるコラボレーションの質が格段に上がります。

こんな方におすすめ

Who should attend this course?
自己変容に取り組んでいるが、個人で終わらず、社会変革に生かしていきたい方
SDGs、ESG、CSR/CSVなど持続可能社会への転換に興味がある方
既に社会的課題に取り組まれている起業家、ソーシャルアクティビスト、デザイナー/アーティスト、NPO/NGOに勤務されている方
ティール組織、自然経営、共感資本主義社会など、資本主義システムのパラダイムシフトに興味・関心のある方

講座の構成

Explore The Curriculum

講座の受講

Enroll
この講座では、ジョアンナ・メイシーの「つながりを取り戻すワーク」を通して、私達が世界の癒しに積極的に関わるための方法を体験的に学んでいきます。

※本講座は全5回にわたり開催された講座を再編集し、自分のペースで学習できる形でお届けします。

Coming Back to Life -
生命への回帰

Write your awesome label here.

内容

  • Coming Back to Life講座(全4回)
  • 実践に生かせるプラクティス
  • 講座コミュニティへのアクセス(Facebook)
  • いつでも見れる再編集したアーカイブへの生涯アクセス
     

Wisdom Commons Lab
メンバーシップ

Write your awesome label here.

内容

  • Coming Back to Life講座の内容の全て
  • オンデマンドプログラムへのオールアクセス
  • 日次、週次、月次で開催される実践会への自由参加権
  • メンバー同士の勉強会・実践会の自由開催・自由参加権
  • 新規プログラム企画会議やWCL運営会議への自由参加権